2019年発行分

第67号 2019年4月15日発行

PDF 3,180KB
冊子用 PDF 3,188KB
【目次】

  • 特集
    ソメイヨシノのゲノム解読
  • 研究紹介
    キクタニギクのゲノム解読
    寄生植物ストライガの養水分収奪機構
    代謝で免疫記憶システムをコントロール
    タマネギの機能性成分
  • 活動報告
    かずさの森のDNAキャンプ
    DNA倶楽部実験教室
  • どんなゲノム こんなゲノム
    イントロンの存在意義
    Hachimoji DNA
    ヒトの突然変異率
  • おもしろライフサイエンス
    ヒストンをもつウイルス
  • 挑戦!あなたもゲノム博士(答え:PDF729KB
参考文献・リンク
ニュースレターの記事を書くにあたり参考にした論文やウェブサイトの一覧です。
一部に専門的な論文なども含まれますが、記事には載せることのできなかった写真なども掲載されています。
ソメイヨシノのゲノム解読 Phased genome sequence of an interspecific hybrid flowering cherry, SomeiYoshino ( Cerasus x yedoensis ).
Shirasawa K. et.al.
bioRxiv (2019)
DOI:https://doi.org/10.1101/573451データベース DBcherryhttp://cherry.kazusa.or.jp/seqcut.html
キクタニギクのゲノム解読 e novo whole-genome assembly in Chrysanthemum seticuspe, a model species of Chrysanthemums, and its application to genetic and gene discovery analysis.
Hirakawa H. et.al.
DNA Research (2019)
DOI:10.1093/dnares/dsy048/5303208ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP)広義キク属http://shigen.nig.ac.jp/chrysanthemum/
寄生植物ストライガの養水分収奪機構 Aberrant protein phosphatase 2C leads to abscisic acid insensitivity and high transpiration in parasitic Striga.
Fujioka H. et.al.
Nature Plant (2019)
DOI:10.1038/s41477-019-0362-7神戸大学プレスリリース
http://www.kobe-u.ac.jp/research_at_kobe/NEWS/news/2019_02_26_01.html
代謝で免疫記憶システムをコントロール ACC1 determines memory potential of individual CD4+ T cells by regulating de novo fatty acid biosynthesis.
Endo Y. et. al.
Nature metabolism (2019)
DOI:10.1038/s42255-018-0025-4
タマネギの機能性成分 Widely targeted metabolome and transcriptome landscapes of Allium fistulosumA. cepa chromosome addition lines revealed a flavonoid hot spot on chromosome 5A.
Abdelrahman M. et. al.
Scientific Reports (2019)
DOI:10.1038/s41598-019-39856-1山口大学農学部園芸学研究室
http://ds.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~shigyo/newhp/
イントロンの存在意義 Intron RNA sequences help yeast cells to survive starvation.
Edwards SR & Johnson TL.
Nature (2019)
DOI:10.1038/d41586-019-00088-y
Hachimoji DNA Hachimoji DNA and RNA: A genetic system with eight building blocks.
Hoshika S. et. al.
Science (2019)
DOI: 10.1126/science.aat0971Wikipediahttps://en.wikipedia.org/wiki/Hachimoji_DNA
ヒトの突然変異率 Characterizing mutagenic effects of recombination through a sequence-level genetic map.
Halldorsson BV. et. al.
Science (2019)
DOI: 10.1126/science.aaw8705Ancient genomes from Iceland reveal the making of a human population.
Ebenesersdóttir SS. et. al.
Science (2018)
DOI: 10.1126/science.aar2625The Making of a Human Population Uncovered Through Ancient Icelandic Genomes.
https://phys.org/news/2018-05-human-population-uncovered-ancient-icelandic.html
ヒストンをもつウイルス A Medusa virus, a novel large DNA virus discovered from hot spring water.
Yoshikawa G. et. al.
Journal of Virology (2019)
DOI: 10.1128/JVI.02130-18京都大学プレスリリース
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2018/190206_2.html
木更津市鎌足桜保存会 地元である木更津市鎌足に咲く「鎌足桜」の保存会のみなさま → こちら

第66号 2019年1月15日発行

PDF 2,851KB
冊子用 PDF 2,852KB
【目次】

  • 特集
    バイオエコノミーとは
  • 研究紹介
    ぜんそくにおける新たなブレーキ経路の発見
    ニガウリの苦味成分合成に関わる遺伝子
    ラッカセイの病気に対する抵抗性遺伝子
  • 新春のご挨拶
    かずさDNA研究所 田畑哲之
  • おもしろライフサイエンス
    DNA検査による親戚探し
    ヒトの標準ゲノム
  • どんなゲノム こんなゲノム
    ホタルのゲノム
  • 活動報告
    サイエンスアゴラ出展
    キッザニア東京ジュニアチャレンジジャパン
  • 挑戦!あなたもゲノム博士(答え:PDF806KB
参考文献・リンク
ニュースレターの記事を書くにあたり参考にした論文やウェブサイトの一覧です。
一部に専門的な論文なども含まれますが、記事には載せることのできなかった写真なども掲載されています。
バイオエコノミーとは バイオによるイノベーションの推進と社会貢献に向けて
~バイオ戦略への提言~
https://www8.cao.go.jp/cstp/tyousakai/bio/3kai/sanko1.pdf
ぜんそくにおける新たなブレーキ経路の発見 DUSP10 constrains innate IL-33-mediated cytokine production in ST2 hi memory-type
pathogenic Th2 cells.
Yamamoto T. et.al.
Nature Communications (2018)
Doi: 10.1038/s41467-018-06468-8
ニガウリの苦味成分合成に関わる遺伝子 Identification of triterpene biosynthetic genes from Momordica charantia using RNA-seq analysis.
Takase S. et.al.
BIOSCIENCE, BIOTECHNOLOGY, AND BIOCHEMISTRY (2018)
Doi:10.1080/09168451.2018.1530096
ラッカセイの病気に対する抵抗性遺伝子 Sequencing analysis of genetic loci for resistance for late leaf spot and rust in peanut (Arachis hypogaea L.)
Shirasawa K. et.al.
Frontiers in Plant Science (2018)
Doi:10.3389/fpls.2018.01727
DNA検査による親戚探し We will find you: DNA search used to nab Golden State Killer can home in on about 60% of white Americans.
Kaiser J.
Science (2018)
Doi:10.1126/science.aav7021
ヒトの標準ゲノム Assembly of a pan-genome from deep sequencing of 910 humans of African descent.
Sherman RM. et.al.
Nature Genetics
Doi:10.1038/s41588-018-0273-y東北大学東北メディカル・メガバンク機構
https://www.megabank.tohoku.ac.jp/
ホタルのゲノム Firefly genomes illuminate parallel origins of bioluminescence in beetles.
Fallon TR. et.al.
Elife(2018)
Doi: 10.7554/eLife.36495基礎生物学研究所プレスリリース
ホタルのゲノム解読に成功
〜ホタルの光の遺伝子の進化が明らかに〜
http://www.nibb.ac.jp/press/2018/10/16.html