ブドウ「シャインマスカット」の高精度な全ゲノム解読に成功 〜さらにおいしくて作りやすいブドウの品種改良を加速〜

2019/8/22

研究開発

 かずさDNA研究所と農研機構果樹茶業研究部門は共同で、ブドウ「シャインマスカット」の全ゲノム解析を行い、ワイン用欧州ブドウとのゲノム構造を比較しました。

 「シャインマスカット」は農研機構が開発した黄緑色でマスカット香を有する良食味の生食用欧米雑種ブドウです。これまで、ワイン用欧州ブドウではゲノム解読がされていましたが、生食用欧米雑種ブドウでは全ゲノム配列が明らかになっていませんでした。

 「シャインマスカット」の全ゲノム配列が染色体レベルで明らかになったことで、生食用欧米雑種ブドウの果実品質や病気に対する抵抗性など、より良い品種をつくるための重要な遺伝子に関わる研究を一層進めることができます。

 今回、全ゲノムの 99.4%にあたる 490.1Mb の配列を解読しました。

 研究成果は、BioRχiv において8月19日(水)にオンライン公開されました。

論文タイトル:De novo whole-genome assembly in interspecific hybrid table grape, ‘Shine Muscat’.
著者:Kenta Shirasawa, Akifumi Azuma, Fumiya Taniguchi, Toshiya Yamamoto, Akihiko Sato, Hideki Hirakawa, Sachiko Isobe.
掲載誌:BioRχiv
DOI:10.1101/730762

詳しくは、プレスリリースをご覧ください。
(リンクはPDFファイル:730KB)
20190822PDF

配列データは、Plant GARDENデータベースにて公開しています。

写真:ブドウ「シャインマスカット」果房(農研機構提供)