ゲノム情報解析施設

DNA シークエンサーの技術は急速に進展しており、大量かつ高精度な塩基配列を高速に分析することができるようになっています。

そして、得られた大量の塩基配列データを使って生物がもつゲノム配列を迅速、高精度に決定し、そこに含まれている遺伝情報を解析するためには、高性能な電子計算機や情報ネットワークの環境が必須です。

ゲノム情報解析施設では、シークエンサーから得られた塩基配列データを効率よく処理できる電子計算機システムを維持、管理し、最新の解析プログラムを導入することによって、所内外に優れた情報解析環境を提供しています。

施設長 平川 英樹
ゲノム情報解析、バイオインフォマティクス

メンバーリスト

  • 施設長 平川英樹 hh [at] kazusa.or.jp
  • 特任研究員 長崎英樹 nagasaki [at] kazusa.or.jp
  • 技術専門員 渡邊安希子
  • 技術員 小原光代
  • 技術員 山田学
  • 技術員 藤代維一
  • 技術員 岸田佳恵
  • 特任技術員 小牧明子
  • 鹿島裕子

その他の情報

関連情報