臨床オミックス解析施設

かずさ DNA 研究所では、開所以来、ヒト遺伝子の研究を通じて私たちの健康問題の解決に貢献することが研究開発の大きな柱の一つでした。開所から 10 年間の基礎的な研究とそれに続く大学や公的研究機関の臨床・基礎医科学研究グループとの連携研究を経て、平成 29 年から当研究所に蓄積されたヒト遺伝子研究の成果を社会還元するための新たな活動を始めました。ヒトの検体を取り扱うには、個人情報の保護や万が一の感染事故防止などの特別な注意が必要になることから、ヒト臨床検体のオミックス解析を集中的に行うための施設を研究所本館から切り離して新設しました。

施設長 小原 収
生物物理学、臨床オミックス解析

関連情報