研究活動上の不正行為に関する通報・相談の受付窓口

 かずさDNA研究所における研究活動上の不正行為に関する通報及び相談に対応するため、以下のとおり受付窓口を設置していますので、お知らせいたします。
 なお、当研究所における研究活動上の不正行為とは、研究活動又はその成果の発表の過程等における次のいずれかに該当する行為をいいます。

  • ねつ造  データ・研究結果等を偽造して、これを記録し、又は報告若しくは論文等に利用する行為。
  • 改ざん  研究資料・機器・過程を意図的に変更する操作を行い、これにより変更・変造したデータ・結果等を用いて研究の報告、論文等を作成し、又は発表する行為。
  • 盗用   他人のアイデア・研究過程・研究成果・論文又は用語を適切に引用せず、又は適切な表示をせずに使用する行為。
  • 不正使用 法令及び研究所の規程等に反して研究費等を使用、又は偽りその他不正な手段により研究費等を受給する行為
  • 上に掲げる各行為の証拠隠滅等の隠蔽行為又は立証妨害行為
    (追試又は再現を行うために不可欠な実験記録等の資料又は実験試料等の隠蔽、廃棄及び未整備、立証妨害の意図による虚偽の陳述を含む。)
  • その他  研究者倫理に背馳し、研究者コミュニティの正常な科学的コミュニケーションを妨げる行為

【通報・相談受付窓口】
 (公財)かずさDNA研究所 事務局不正行為受付窓口担当
 〒292-0818 千葉県木更津市かずさ鎌足2-6-7
 E-mail: qa-resアットマークkazusa.or.jp (アットマークを@に変更してください。)
 FAX : 0438-52-3901

(通報を受ける際の留意事項)
 通報を受ける際には、通報者の氏名・連絡先、不正を行ったとする研究者・グループ、不正行為や不正使用の態様(内容や年度等を含む)、不正行為とする科学的根拠あるいは不正使用とする根拠、使用された競争的資金等について確認させていただくとともに、調査にあたって通報者に協力を求める場合があります。
 また、調査の結果、悪意に基づく通報があったことが判明した場合には、通報者の氏名の公表、懲戒処分、刑事告発がありうることを申し添えます。
 この窓口は研究活動の不正行為、研究費の不正使用に関する受付窓口です。その他の事案に関するご相談等は各担当にお尋ねください。

(参考規程)
 かずさDNA研究所 研究活動上の不正行為への対応に関する規程