アグリビジネス創出フェア2018に出展しました

2018/11/30

産学官連携

2018年11月20日(火)~22日(木)に東京ビックサイトで開催されます「アグリビジネス創出フェア2018」に出展いたしました。

「千葉産の農作物を活用し食材や食品の高付加価値化を目指した研究開発」と題する展示では、青パパイヤについて共同研究を行っている、工学院大学・食品化学工学研究室の学生(2名)、東京バイオテクノロジー専門学校の学生(10名)と、エゴマについて研究支援を行っている千葉県立大網高等学校の高校生(10名)も持ち周りの担当時間に展示説明を担当しました。

高校生が担当した展示ブースは弊所のみということもあり、例年になく多くの方にお越しいただき、千葉県産農作物(青パパイヤ、パッションフルーツ及びエゴマなど)の食品開発と機能性成分についてご紹介しました。