マメ科作物ホースグラムの全ゲノム解読 〜乾燥に強い作物の品種育成に期待〜

2021/10/20

研究開発

かずさDNA研究所はマメ科作物ホースグラムのゲノムを解読しました(ICAR-インド農業バイオテクノロジー研究所、インド・CSKヒマチャルパラディシュ農業大学や森林研究・整備機構 森林総合研究所との共同研究)。

ホースグラムは、インドを中心に、アフリカ・オセアニアなどで食用や家畜の飼料に利用されています。栄養価が高く乾燥に非常に強いため、全米科学アカデミーから、将来の食糧供給源になりうる作物として認定されています。

10本の染色体に対応したゲノムの長さは約2.6億塩基対で、36,105個の遺伝子が予測されました。そのうち、約4割はホースグラムだけがもつ遺伝子で、158遺伝子は、乾燥に対して強くなるようにはたらく遺伝子と考えられます。

今後の解析により、乾燥に強くなる遺伝子を特定することで、乾燥に強い作物の育種技術の開発が期待されます。

研究成果は10月8日(金)に、国際学術雑誌GigaByteにてオンライン公開されました。

詳しくは、リリース資料をご覧ください。

論文タイトル:A Chromosome-scale draft genome sequence of horsegram (Macrotyloma uniflorum).
著者:Kenta Shirasawa, Rakesh Chahota, Hideki Hirakawa, Soichiro Nagano, Hideki Nagasaki, Tilak Sharma, Sachiko Isobe.
掲載誌:GigaByte
DOI: 10.1101/2021.01.18.42707