DNA実習:千葉県野生生物研究会「DNA研修会」

千葉県野生生物研究会「DNA研修会」
~ 千葉県に生息するニホンイシガメのDNA抽出および塩基配列に基づく個体群動態の分析 ~

 かずさDNA研究所では、県内の皆様に DNA研究の重要性や現状について広くお伝えできるよう取り組んでおります。また、科学への興味・関心を持っていただくことを目的として、さまざまな理科教育支援活動を展開しております。

 今年で4年目となる千葉県野生生物研究会を中心としたニホンイシガメの雑種のDNA解析実習を行いました。この実習には、千葉県野生生物研究会メンバーをはじめ、県立君津高校、県立千葉東高校、県立津田沼高校、県立市原八幡高校、敬愛大学八日市場高校の各校生徒さん・教員の方が参加され、予め採取してきたニホンイシガメの血液サンプルを持ち寄って、クサガメとの交雑をDNAレベルで調べました。

日 時 令和元年12月26日(木) 9:50~15:45
会 場 かずさDNA研究所 講習実験室他
参加者 各高校生徒、および引率 計26名
内 容 千葉県野生生物研究会「DNA研修会」
 ~千葉県に生息するニホンイシガメのDNA抽出および塩基配列に基づく個体群動態の分析~

  • 全体説明
  • カメの血液からDNA抽出
  • カメの部分的DNA断片の増幅
  • 増幅したDNA断片の確認
  • 研究所内見学
  • GeneStudioを使った配列解析の説明
  • まとめ

近年、日本固有のニホンイシガメと外来種の可能性が高いクサガメとの交雑があり、千葉県内でも確認されています。今回は、分子生物学的な手法を用いて、見た目だけでは判断できない場合もある交雑を調べました。

千葉県野生生物研究会リンク→ こちら

全体説明

諸注意・手順確認

マイクロピペットの操作練習

カメの血液サンプルの取出し

血液サンプルからDNAの抽出

抽出したDNAとPCR法の準備

試料をPCR装置にセット

PCR産物に泳動用色素を添加

アガロースゲル電気泳動によるPCR産物の解析

DNA配列データーの解析(シミュレーション)