DNA出前講座@千葉県立東葛飾高等学校

DNA出前講座@千葉県立東葛飾高等学校

 かずさDNA研究所では、県内の皆様に DNA研究の重要性や現状について広くお伝えできるよう取り組んでおります。また、科学への興味・関心を持っていただくことを目的として、さまざまな理科教育支援活動を展開しております。
 今回は、千葉県立東葛飾高等学校からご依頼をいただき、生物特別授業の1つとして「DNA出前講座 Eコース」を実施しました。

日 時 令和元年10月3日(木)12:30~15:30
会 場 千葉県立東葛飾高等学校
参加者 1~3年生 希望者24名 他2名
内 容 千葉県立東葛飾高等学校 生物特別授業
DNA出前講座 Eコース
 ~お酒に強い・弱い? ALDH2遺伝子の解析~

※この実習は、未成年者の飲酒を勧めるものではありません。未成年者の飲酒は違法です。

講 義:DNAに関する講義・ゲノムの基礎から遺伝子診断まで

実 験:お酒に強い・弱い? ALDH2遺伝子の解析

  1. 自分の細胞からDNAを取りだそう!
    各自の頬の内側から、綿棒を使って口腔粘膜細胞を採取しました。続いて、白衣、ゴム手袋、ゴーグルを身に着け、マイクロピペットや遠心機といった専門機器を用いて、これらの細胞から各自のDNAを取り出しました。
  2. ALDH2 遺伝子を増幅しよう!
    DNAの研究に欠かせないPCR法を用いて、自らのALDH2遺伝子を数百万倍に増幅し、詳しい原理についても学んでいただきました。
  3. 増幅した DNAを観察しよう!
  4. PCR法により増幅したDNAをアガロースゲル電気泳動を用いて解析し、その遺伝子型を解析しました。

その他:まとめ・質疑応答

千葉県立東葛飾高等学校リンク → こちら

諸注意・全体説明

各自の細胞を綿棒で採取して、生理食塩水に懸濁

マイクロピペットで上澄みを除去の後、DNAを抽出

PCRミクスチャーを作り、PCR装置にセット

長瀬研究員による講義「ゲノムの基礎から遺伝子診断まで」

PCR産物をアガロースゲル電気泳動で解析

アガロースゲルを取り出し、撮影装置で確認

結果の判定とまとめ