DNA実習:令和元年 夢チャレンジ体験スクール「サイエンススクール」

千葉県教育庁主催事業
令和元年度 夢チャレンジ体験スクール「サイエンススクール」

 かずさDNA研究所では、県内の皆様に DNA研究の重要性や現状について広くお伝えできるよう取り組んでおります。また、科学への興味・関心を持っていただくことを目的として、さまざまな理科教育支援活動を展開しております。

 今夏も千葉県教育庁主催の千葉県夢チャレンジ体験スクール「サイエンススクール」の1つとして実習講座を開催いたしました。この事業は、県教育庁と県内企業や大学、研究機関などが連携して、夏休みに毎年開催している科学教室です。当研究所では、小学生を対象とした親子でお楽しみいただけるDNA実験などを行いました。

日 時 令和元年7月23日(火)、24日(水)13:30~15:50
会 場 かずさDNA研究所 大会議室他
参加者 千葉県在住の小学生親子(主催者抽選) 両日合計56組 他4名
内 容 夢チャレンジ体験スクール「サイエンススクール」

【講義】DNAって何だろう?

【実験】身近な食べものからDNA!
    ブロッコリーからもDNA!(演示)

【見学】設計図の正体、DNAの並び方を調べる装置を見てみましょう!

【体験】マイクロピペット操作を体験しよう!

【工作】DNA型キーホルダーをつくろう!

講義では、すべての生き物は細胞から出来ていて、生命の設計図の正体がDNAであることを学びました。実験では、身近な食料品から実際にDNAを取りだして、詳しく観察しました。また、ブロッコリーから大量にDNAを取りだす実験(演示)を行いました。
研究所内を見学したのち、実験で使用している 1/1000ml という微量な液体を扱うマイクロピペットを体験しました。最後に、DNA型キーホルダーを作製し、DNAの二重らせん構造を学びました。

千葉県夢チャレンジ体験スクール→ こちら

諸注意・講義「DNAって何だろう?」

試料(身近な食べもの)にDNA抽出薬(1)を注入

食べものチューブをしっかり握って混濁

マイクロチューブ遠心機で試料をスピンダウン

試料(身近な食べもの)にDNA抽出薬(2)を注入

食べものチューブの中にモヤモヤした物が!

モヤモヤした物を取り出してDNA染色薬で確認

ブロッコリーのDNA抽出(演示)

マイクロピペットの操作体験

DNA型キーホルダーの製作