出前講座@木更津市立岩根公民館「こどもサイエンス」

かずさDNA研究所では、県内の皆様に広く、DNA研究の成果だけでなく、DNAそのものにも興味・関心を持っていただいて、DNAが日常の生活にどのように関わっているのかについて理解を深めてもらうため、さまざまな啓発活動に取り組んでいます。今回は、岩根公民館「こどもサイエンス」の1つとして、DNA出前講座を開催しました。

出前講座@木更津市立岩根公民館「こどもサイエンス」

日 時 平成27年8月6日(木)10:00-12:00
会 場 木更津市立岩根公民館 集会室
参加者 小学4~6年生 19名
内 容 【講義】DNAって何だろう?
親の性質が子につたわる?

【実験】身近な食べものからDNA!
ブロッコリーからもDNA!
DNAを染色してみよう!
マイクロピペットを使ってみよう!
実験結果のまとめ

講義では、すべての生き物は細胞から出来ていて、生命の設計図の正体がDNAであることを学びました。実験では、身近な食料品から実際にDNAを取りだして、詳しく観察していただきました。また、ブロッコリーから大量にDNAを取りだす実験(演示)や、1/1000mlという微量な液体を扱うマイクロピペットを体験していただきました。