教育連携:千葉県立長生高等学校「H27年度 SSH 生命科学講座」第3回

長生高校との連携事業に基づく「H27年度 SSH生命科学講座」第3回

 千葉県立長生高等学校は、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校として、企業や大学、研究機関などとの連携を含め、高度な理数教育を実施しています。
 今年で2年目を迎えた長生高校との連携事業に基づく「SSH生命科学講座」は、SSHの「生物(生命科学)」学習のロードマップに従い、「DNA・遺伝子発現・遺伝子工学」の学習内容に合わせた実習講座です。1回に2コマ90分の実習を3回行い、遺伝子クローニングからそのタンパク質発現までの一連の実験を行います。今回は、講座のまとめとなる第3回目として、遺伝子組み換えによる大腸菌での遺伝子発現によるルシフェラーゼ発光の確認を行いました。

開催日 平成27年6月30日(火)14:00-16:20
会 場 かずさDNA研究所 講習実験室
参加者
内 容 大腸菌の力を借りて、深海エビの発光を再現してみよう!

  1. 組換えタンパク質の蛍光標識
  2. ポリアクリルアミドゲル電気泳動によるタンパク質の分離
  3. 組換えタンパク質のルシフェラーゼ発光の確認
  4. 蛍光標識タンパク質の観察

長生高校リンク → こちら
紹介ページ直リンク → その1 その2