第8回国際サツマイモシンポジウムに参加しました

2018/9/9

研究開発

2018年9月5-8日に韓国・全州で開催された第8回国際サツマイモシンポジウムに参加しました。
シンポジウムでは、植物ゲノム・遺伝学研究室の磯部室長が「Recent NGS technologies for sweetpotato genomics and genetics(サツマイモのゲノミクスと遺伝学のための次世代シークエンス技術」と題して基調講演を行いました。
また、植物ゲノム・遺伝学研究室の白澤主任研究員が「A genetic map based on ddRAD-Seq for validation of accuracy of the genome assembly in sweetpotato(サツマイモにおけるゲノムアセンブリの精度の検証するためのddRAD-Seq法に基づく遺伝地図)」と題して口頭発表を行い、優秀発表賞を受賞しました。

サツマイモのゲノム解析は、日中韓で共同ですすめており、今後の進め方についても協議しました。