細胞の運命を自在に操る技術開発のための基盤データをつくりました

2020/7/17

研究開発

かずさDNA研究所は、慶應義塾大学、国立成育医療研究センター、株式会社テンクー、株式会社DNAチップ研究所と共同で、ヒト幹細胞分化に関係する転写因子の網羅的な同定とその解析を行いました。

ヒトのからだは様々な種類の細胞が集まってできています。1つの受精卵から様々な細胞ができ、役割をもった臓器に変化していきます。すべての細胞に変化することができるヒト幹細胞にはiPS細胞やES細胞が知られていますが、幹細胞から特定の細胞を作る方法は、一部の細胞でしかわかっていません。今回、慶應義塾大学を中心とした共同研究で、ES細胞に714種類の遺伝子を組み込み、細胞がどのように変化するのか詳細なデータを集めました。得られたデータをウェブで公開し、新たにつくられた細胞も広く研究者に提供されます。この成果により、望む細胞を自在に生み出す技術開発につながることが期待されます。

詳しくは、慶應義塾大学のプレスリリースをご覧ください。

慶應義塾大学プレスリリース