ゲノムから紐解くミヤコグサの環境適応戦略

2020/1/16

研究開発

 かずさDNA研究所は、東北大学、宮崎大学などと共同で、マメ科のモデル植物としてかずさDNA研究所がゲノム解読を行ったミヤコグサについて、日本各地の野生系統のゲノムを解読し、南北に長く多様な日本の気候環境に適応してきた歴史を解析しました。

 この研究により、ミヤコグサが約2万年前に九州に定着し、その後日本全土に分布域を広げたことを見出しました。さらに、北日本地域への適応には、越冬性と開花調節に関わる遺伝子が鍵となったことを明らかにしました。

研究成果は2020年01月14日に、科学雑誌「Nature Communications」にてオンライン公開されました。

詳しくは、東北大学のプレスリリースをご覧ください。

東北大学プレスリリース

NBRPミヤコグサ・ダイズ