藻類のオイル生産を制御する因子を同定 -有用脂質生産の自在制御に向け大きな一歩-

2019/7/31

研究開発

 かずさDNA研究所は、東京工業大学、京都大学、東北大学、国立遺伝学研究所などと共同で、バイオ燃料をはじめとする有用脂質生産に活用が期待される藻類の一種「クラミドモナス」で、リンや窒素の栄養欠乏時に起こるオイルの蓄積を制御する因子の同定に成功しました。
この研究は、藻類で生産する有用脂質の種類や生産の時期を自在にコントロールするための仕組みづくりに活用できると期待されています。

研究成果は2019年7月27日に、科学雑誌「The Plant Journal」にてオンライン公開されました。

詳しくは、東京工業大学のプレスリリースをご覧ください。
東京工業大学プレスリリース