食品開発セミナー、「食品開発におけるメタボロミクスの活用法」を開催しました。

2014/11/19

産学官連携

「食品開発におけるメタボロミクスの活用法」

近年、注目されてきたメタボローム解析ですが、これは、サンプル中に含まれる化合物 の全体像を把握するとともに、複数サンプル間の成分比較を可能とする技術であり、食品、健康、医療、環境など様々な産業分野で有用であると考えております。弊所では、質量分析機を用いたメタボローム解析の最大のテーマである化合物の同定率が高くないという問題点に果敢にチャレンジし、研究遂行しております。昨年12月から、生鮮食品、加工食品、 健康食品などを含む食品の機能性表示制度創設のための検討会が開催されている社会情勢を鑑み、今回は、弊所が特に最重要であると認識しております食品研究開発にテーマを限定し、「食品研究開発のためのメタボロミクスの活用法」と題して本セミナーを企画しました。

開 催 日 平成26年11月17日 (月), 19日 (水) 11:30−15:20
開催場所 かずさDNA研究所・バイオ共同研究開発センター会議室

2014食品開発セミナーパンフレット.pdf