科学論文の引用動向分析による、影響力の強い世界の科学者にかずさDNA研究所の研究者が選出されました。

2016/3/2

研究成果

~世界で選出された約3,000名の中で、日本の研究者は約80名~

トムソン・ロイター社は、21の研究分野の中で、過去11年間(2003年1月から2013年12月)の引用データより決定される高被引用論文著者として、世界的に最も影響のある研究を行っている約3,000名の研究者を発表しました。かずさDNA研究所からは、「植物と動物の科学」分野において、所長の田畑哲之と、客員研究員である佐藤修正(2013年4月より東北大学大学院生命科学研究科)の2名が昨年に引き続き選出されました。

トムソン・ロイター社のプレスリリースと「世界で影響力を持つ科学者(英文)」のレポートは以下のサイトからご覧いただけます。
URL: http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2016/Scientific-Minds-2015/