ベニクラゲのゲノム解読に成功 ~若返り機構の解明に向けて~

2022/12/22

研究開発

かずさDNA研究所とベニクラゲ再生生物学体験研究所、東京電機大学は共同で、若返りで知られるベニクラゲのゲノムを解読しました。

ベニクラゲTurritopsis spp.は、世界中の暖かい海に生息する、体長が数ミリの小さなクラゲ類です。トカゲやイモリのように、体の一部を再生できる生物は多く知られていますが、体がまるごと若返る生物は現在、ベニクラゲを含む数種のクラゲ類でしか確認されていません。

そこで、ベニクラゲの若返り機構を解明するため、和歌山県の田辺湾で採取された個体のゲノム塩基配列を解読しました。そして、人工的に脱分化・再分化を起こさせ、その際の遺伝子発現の変化を調べて、この過程で特徴的に発現している遺伝子、すなわち、若返り過程ではたらいていると考えられる遺伝子候補を絞り込みました。

本研究で得られた遺伝子情報を元にベニクラゲの若返り機構を解明することは、細胞の再生や若返り機構の理解につながり、さらには、ヒトの老化や健康寿命の増進の研究への応用が期待されています。

本研究成果は英文学術雑誌DNA Research誌上で、12月15日(木)にオンライン公開されました。詳しくはプレスリリース資料をご覧ください。

論文タイトル:Genome assembly and transcriptomic analyses of the repeatedly rejuvenating jellyfish Turritopsis dohrnii
著者:Yoshinori Hasegawa, Takashi Watanabe, Reo Otsuka, Shigenobu Toné, Shin Kubota, Hideki Hirakawa
掲載誌:DNA Research
DOI: https://doi.org/10.1093/dnares/dsac047

Facebook
Twitter
SDGs