植物の隠れた能力を見える化できる 栽培計測プラットフォームの構築

2022/10/6

研究開発

かずさDNA研究所は、農研機構、株式会社テックス、株式会社ビュープラス、株式会社日本医化器械製作所と共同で、栽培計測のプラットフォーム「iPUPIL(あいぴゅーぴる : IoT-based Platform of Unmanned Phenotyping with Imitated Land condition)」を構築しました。

iPUPILは、将来予想される干ばつなどの極端な栽培環境を屋内の人工気象室で再現することができます。

同時に天井に設置した複数のカメラや様々な計測器によって、ストレス応答など、わずかな植物の変化を可視化し、記録することもできます。

極端な環境条件を設定し、どのような品種・系統が環境ストレスに強いかを評価することができるため、地球環境の変化に対応した作物の開発への応用が期待されます。

詳しくは農研機構のプレスリリースをご覧ください。→ プレスリリース

Facebook
Twitter
SDGs