ナスの全ゲノム解読に成功

2014/9/19

研究開発

~世界初の成果、新品種開発に弾み~

公益財団法人かずさDNA研究所は、農研機構と共同で、日本では重要な野菜のひとつであるナスの全ゲノムを世界で初めて解読しました。
ナスは、トマト、トウガラシ、ジャガイモなど南米を起源とする多くのナス科作物と違いアジア原産で、日本国内でも様々なかたちや用途をもつ品種の栽培が盛んです。
今回の成果によって、ナスの全ゲノムの中に、病害抵抗性や機能性成分の合成に関わる遺伝子を含む約4万2千個の遺伝子が存在することを明らかにしました。
今後、これらの有用遺伝子について詳細な機能解析を行なうことによって、新品種の開発が加速することが期待されます。
解読の結果は、DNA Research誌で2014年9月19日午前0時にオンラインで公開しました。