カーネーションの全ゲノム解読に成功 -花きで世界初、新品種開発の加速化が期待-

2013/12/18

研究開発

~2013年12月18日の DNA Researchに論文掲載~

  公益財団法人かずさDNA研究所は、農研機構花き研究所、東京農工大学、サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社と共同で、カーネーション(Dianthus caryophyllus・ダイアンサス カリオフィラス)の全ゲノム(生物の設計図)の解読に成功しました。 カーネーションは、世界の3大花きの一つに挙げられ日本でも2番目に出荷本数が多い重要な品目です(3.1億本、平成24年度)。
今回、カーネーションは約4万3千個の遺伝子をもっていることが明らかになり、花の色素の合成や花持ちに関与する遺伝子などが同定されました。この成果を活用することで例えば病気に強い品種や、より花持ちの良い品種の開発のスピードが飛躍的に向上するなど、新品種育成に大きな貢献をすることが期待されます。
解読の結果は、DNA Research誌で2013年12月18日午前0時にオンラインで発表するとともに、かずさDNA研究所のデータベースで公開します。 

 関連ホームページ DNA Research誌
カーネーションのデータベース(かずさDNA研究所)