食用イチゴの全ゲノム解読に世界で初めて成功

2013/11/26

研究成果

~2013年11月27日の DNA Research電子版に論文掲載~

公益財団法人かずさDNA 研究所と千葉県農林総合研究センターは、国内外の 研究機関と共同で食用イチゴ(オランダイチゴ)と4 つの近縁野生種のゲノム 配列を解読しました。食用イチゴのゲノムは8組のゲノムセットをもつ複雑な 構造(高次倍数性)ですが、我々は世界で初めて高次倍数性の生物種のゲノム を解読することに成功しました。

イチゴは国内外で広く消費されており、日本のイチゴ生産総額は世界第2位と 高いことから、今後攻めの農業を担う作物として期待されています。また、 国内では「とちおとめ」や「あまおう」など品種のブランド化が盛んであり、 様々な地域で品種の改良が積極的に進められています。

今回の成果によって、イチゴのゲノムや遺伝子の特徴が明らかになりました。 この情報を活用することにより、生産者と消費者のニーズにあった市場価値の 高いイチゴの品種の育種が大きく加速することが期待されます。

 関連ホームページ DNA Research誌
食用イチゴのデータベース(かずさDNA研究所)