「理研ジェフリー・モデル原発性免疫不全症診断・研究センター」開所

2008/1/15

研究成果

原発性免疫不全症の原因遺伝子同定および病態形成機序の解明を加速

独立行政法人理化学研究所(野依良治理事長)免疫・アレルギー科学総合研究センター(以下RCAI、谷口克センター長)は、国立大学法人富山大学(西頭徳三学長)など全国13大学と財団法人かずさDNA研究所(大石道夫理事長)と共に、米国のNPOであるJeffrey Modell Foundation(JMF:ジェフリー・モデル基金)の支援を得て、「理研ジェフリー・モデル原発性免疫不全症診断・研究センター」を1月15日に設立し、原発性免疫不全症の原因遺伝子同定、および病態形成機序の解明など、総合的な基礎研究を展開します。

理研RCAIでは、2006年に原発性免疫不全症の臨床研究を専門とする厚生労働省の研究班のネットワークに属する研究機関のうち13大学、かずさDNA研究所と共同研究契約を結び、原発性免疫不全症患者などのDNAを受け入れ、遺伝子構造解析を実施し、解析結果などのデータベースの構築を行っています。この研究体制が評価され、竹森利忠RCAIコーディネーター(グループディレクター兼務)をセンター長とした理研ジェフリー・モデル原発性免疫不全症診断・研究センター(RIKEN Jeffrey Modell Diagnostic and Research Center for Primary Immunodeficiencies)を設立することになりました。

ジェフリー・モデル原発性免疫不全症診断・研究センターを、わが国に初めて開設することは、免疫研究のCOEとしての役割を担っているRCAIの研究力と共に、原発性免疫不全症の診断治療を専門とする国内組織の総力を結集させ、将来的に原発性免疫不全症疾患の迅速な診断および適切な治療法の早期選択を可能とすることから、患者のQuality of Lifeの向上に直結すると考えられます。また本センターが、その他のジェフリー・モデル原発性免疫不全症診断・研究センターと協力することで、疾患の根治治療に向けた基礎研究の発展を促し、ヒト免疫系の発達の理解を深め、学術的に重要な拠点となることが期待されます。

理化学研究所ホームページ