かずさDNA研究所は3種類のラン藻の全ゲノムを解読

2002/2/28

研究成果

かずさDNA研究所は、ユニークな性質をもつ以下の3種類のラン藻(シアノバクテリア)の全ゲノム解読を完了した。

ゲノム解読が終了した3種類のラン藻は

  • 窒素固定ラン藻:アナベナ(Anabaena sp. PCC 7120)
    ゲノムサイズ:7,211,789塩基対
    推定遺伝子数:6,132個
  • 好熱性ラン藻:サーモシネココッカス(Thermosynechococcus elongatus BP-1)
    ゲノムサイズ:2,593,857塩基対
    推定遺伝子数:2,743個
  • 原始ラン藻:グロエオバクター(Gloeobacter violaceus PCC 7421)
    ゲノムサイズ:4,659,004塩基対
    推定遺伝子数:4,952個

今回の解析結果は、かずさDNA研究所が刊行する国際専門誌DNA Research に順次発表される。また、塩基配列データは、国際DNAデータベースを通じて公開される。

ラン藻の全ゲノム