DNA実習:東海大学付属市原望洋高等学校「望洋特別理科講座」

研究所から車で40分、市原市にある東海大学付属市原望洋高等学校から特進クラス高校3年生の24名の生徒がスクールバスで研究所を訪問してくれました。「望洋特別理科講座」の一環として、お酒の分解に関わるアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)遺伝子の多型解析を行いました。講義や所内見学も行い、DNAに興味をもっていただけたのではないかと思います。

日 時 令和4年11月21日(月)10:00~14:30
会 場 かずさDNA研究所
参加者 特進クラス高校生3年生,24名、教員3名
内 容 「お酒の分解に関わるアルデヒド脱水素酵素(ALDH2)遺伝子の多型解析」

実験1:細胞からDNAを取りだそう!

    1. ①マイクロピペットの練習
    2. ②口腔粘膜細胞の採取
    3. ③自分の細胞からのDNA抽出

実験2:ALDH2遺伝子を増幅しよう!

    1. ①PCRの準備と反応
    2. ②PCRの原理の説明

講義:DNA研究とバイオテクノロジー

実験3:増幅したDNAを観察しよう!

    1. ①アガロースゲル電気泳動
    2.  操作の操作の練習・原理の説明
    3. ②実験結果の観察と考察

研究所内見学

Facebook
Twitter
SDGs