DNAオンライン講座@立教新座高等学校 ALDH2遺伝子の多型解析

実験教材貸出事業「DNA実験宅配便」を活用し、事前にPCR装置や実験に必要な教材などを宅配便で学校に送付し、科学部に所属する9名の生徒に対して、「ALDH2遺伝子の多型解析」に関するリモート実験を行いました。

日 時 令和4年6月4日(土)13:30~17:00
会 場 立教新座高等学校(リモート実験)
参加者 高校3年生希望者 18名 教員 5名
内 容 DNAオンライン講座  ALDH2遺伝子の多型解析
分子生物学実験に欠かせないマイクロピペットなどの操作を学び、チューブや遠心機などの取扱いを体験しながら、自分自身の口腔粘膜細胞からDNAを取り出し、PCR法によりALDH2遺伝子の部分配列を増幅しました。増幅したDNAをアガロースゲル電気泳動で分離し、自身のALDH2遺伝子が野生型か変異型かを調べました。個人ごとにゲノムのDNA配列が少し違うことや、個人のDNA配列を調べること(遺伝子解析)により、体質を予測できる場合があることを学びました。

Facebook
Twitter
SDGs