DNA出前講座@八街市立八街中学校

かずさDNA研究所では、県内の皆様に DNA研究の重要性や現状について広くお伝えできるよう取り組んでおります。また将来を担う世代に対して、科学への興味・関心を持っていただくことを目的として、中学・高校生を対象とした、さまざまな活動を展開しております。今回は、初めてご依頼の八街中学校にて「DNA出前講座 Aコース」を実施しました。

DNA出前講座@八街市立八街中学校

開 催 日 平成30年9月11日(火)3,4限、 13日(木)3,4,5限
会 場 八街市立八街中学校 理科室
参 加 者 3年生 160名 他7名
内 容 DNA出前講座 Aコース他

  • 生きものと細胞・遺伝(講義)
  • 身近な食品からDNA取り出してみよう!
  • DNAの染色と観察
  • ブロッコリーのDNA抽出実験(演示)

微量な液体を扱う小さな試験管「マイクロチューブ」、遠心力で試料を集める「遠心機」などを使いながら、魚の白子などの身近な食品からDNAを取り出し、皆さん、全員大成功でした!
また、DNAを取り出す原理を学び、特殊な染色液を加えて本当にDNAなのか確認しました。
最後に職員による演示実験では、ブロッコリーから大量のDNAを取り出す様子を観察していただきました。

  • 生徒Aさんの感想(原文まま)
    自分にとって今までDNAなどは遠い存在の物だと思っていたけれど,授業でとても身近な物なのだと実感することができました。とくに食べ物にもDNAが入っていることに驚きました。

八街市立八街中学校リンク→ こちら