DNA出前講座@千葉県立柏中央高等学校

かずさDNA研究所では、県内の皆様に DNA研究の重要性や現状について広くお伝えできるよう取り組んでおります。また将来を担う世代に対して、科学への興味・関心を持っていただくことを目的として、中学・高校生を対象とした、さまざまな活動を展開しております。今回は、初めてご依頼の千葉県立柏中央高等学校にて「DNA出前講座 Dコース」を実施しました。

DNA出前講座@千葉県立柏中央高等学校

開 催 日 平成30年8月28日(火)10:35-14:00
会 場 千葉県立柏中央高等学校 化学実験室
参 加 者 高校1~3年生 希望者10名 他2名
内 容 DNA出前講座 Dコース ~謎のお肉のDNA鑑定~

  • マイクロピペットを使ってみよう!
  • PCR法によるDNA増幅と原理の説明
  • DNAに関する講義
  • アガロースゲル電気泳動と原理の説明
  • 結果の確認

微量な液体を扱うマイクピペットや遠心機、電気泳動装置といった専門的な機器を用いて、DNAの研究に欠かせないPCR法やアガロースゲル電気泳動など分子生物学的な手法で、各自に配られた謎の食肉(ブタ、トリ、ウシ)のDNA鑑定を行いました。

  • 生徒Aさんの感想(原文まま)
    DNA鑑定のやりかたを初めて知った。人や特定の難病にかかっている生き物のDNAを解析することによって、特効薬を作り出せるのではないかと感じた。世の中の難病、流行病を治せるものの研究についてとても関心を持った。カゼなどのウイルスに対抗できるものを生み出したい。
  • 生徒Bさんの感想(原文まま)
    学校では、あまり実験をせず座学でDNAについて学んだので、しっかり理解できない部分があったが、今日の実験と解説などを通してDNAの仕組みや性質について理解を深めることができた。また、DNAに関わる仕事に興味を持つことができた。

千葉県立柏中央高等学校リンク→ こちら
紹介ページ直リンク→ こちら