教育連携:千葉県立長生高等学校「H29年度 SSH 生命科学講座」

長生高校との連携事業に基づく「SSH生命科学講座」

 かずさDNA研究所では、県内の皆様に DNA研究の重要性や現状について広くお伝えできるよう取り組んでおります。また、科学への興味・関心を持っていただくことを目的として、さまざまな理科教育支援活動を展開しております。

 千葉県立長生高等学校は、文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校として、企業や大学、研究機関などとの連携を含め、高度な理数教育を実施しています。
 今年で4年目を迎えた長生高校との連携事業に基づく「SSH生命科学講座」は、カリキュラムの学習内容「DNA・遺伝子発現・遺伝子工学」に合わせた実習講座です。約2時間の実習を2日間行い、遺伝子クローニングからタンパク質発現までの一連の実験を行います。今回は、大腸菌の遺伝子組換えと、大腸菌での遺伝子発現によるルシフェラーゼ発光実験を行いました。

日 時 平成29年11月8日(水)、15日(水)14:00~16:00
会 場 かずさDNA研究所 講習実験室
参加者 2年生 延べ77名 他11名
内 容 SSH生命科学講座
大腸菌の力を借りて、深海エビの発光を再現してみよう!

実習1日目

  • マイクロピペットの操作練習
  • 制限酵素によるDNAの切断
  • アガロース電気泳動によるDNAの確認
  • 組換えDNAの大腸菌への導入(形質転換)

実習2日目

  • 前回の形質転換の結果確認
  • 目的クローンの選別
  • 大腸菌プラスミドDNAの確認
  • 組換えタンパク質のルシフェラーゼ発光の確認
  • アガロース電気泳動によるDNAの確認
  • かずさDNA研究所の所内見学

本実習講座では、深海エビの発光酵素遺伝子を大腸菌に導入する「遺伝子組換え実験」を行い、大腸菌内で発現させた組換えタンパク質(ルシフェラーゼ)を発光基質(フリマジン)と混合して、深海エビの発光現象を再現しました。
生徒の皆さんは、手に持ったマイクロチューブの中で光る様子を全員確認することができました。

千葉県立長生高等学校リンク→ こちら