教育連携:千葉県立木更津高等学校「平成29年度 木高祭 DNA研究ブース」

木更津高校理科部・28R・18Rとの共催「木高祭 DNA研究ブース」

 かずさDNA研究所では、県内の皆様に DNA研究の重要性や現状について広くお伝えできるよう取り組んでおります。また、科学への興味・関心を持っていただくことを目的として、さまざまな理科教育支援活動を展開しております。

 千葉県立木更津高等学校は、昨年春に文部科学省のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定校となり、更に本年度より理数科が設置されるなど大変意欲的に取り組まれ、当研究所では、従来からの教育協定を継続して更なる相互連携を進めております。今回は、理科部・28R・18Rの皆さんらの文化祭「木高祭」での「DNA研究ブース」出展のお手伝いをさせていただきました。

日 時 平成29年6月25日(日) 9:30~15:00
会 場 千葉県立木更津高等学校 生物講義室
参加者 木高祭一般来場者・学生など226名
内 容 「木高祭 DNA研究ブース」木更津高校理科部・28R・18R共催

  • 身近な食品からDNAを取り出してみよう!
  • DNAに関するパネルなど展示

毎年恒例の木更津高校文化祭「木高祭」に合わせて、理科部や28Rや18Rの生徒が行う「DNA研究ブース」に協力させていただきました。
来場された一般の方は生徒指導のもと、ブタのレバーなどの身近な食べものからDNAを取り出す実験を体験しました。皆、初めて見るDNAに興味をもっていただいたようです。

千葉県立木更津高等学校リンク → こちら