「ジャパンライフサイエンスウィーク2017」に出展いたします

2017/4/10

産学官連携

かずさDNA研究所バイオ産業技術支援センターのバイオリソース普及センターは、「ジャパンライフサイエンスウィーク2017」に参加し、ブースにおいて産業支援活動を紹介します。この会は、製薬・医療に係わる日本国内やアジア・ヨーロッパ各国の企業や研究機関が参加する国際展示会で、医薬品開発のための5つの国際展示会、医療機器開発のための5つの国際展示会、昨年誕生したヘルスケアITに加え、今回新たに化学業界の新素材と技術に焦点を当てた「ファインケミカルジャパン」が新たに加わります。日本最大級のライフサイエンス総合展で、日本の経済を牽引する重要産業であるライフサイエンス分野の12の展示会を統括した一大イベントです。

 

会期 平成29年4月19日(水)~21日(金)
会場 東京ビッグサイト 東ホール1~6館
公式サイト http://www.japanlifescienceweek.com
出展社数 約1,200社(予定)
参加者数 約21,000人(予定)

かずさDNA研究所からは、以下のような内容を紹介いたします。

  • かずさDNA研究所と産業支援活動
  • 各種タグを付加したヒトORF発現クローンと、これらの新規作製・利用を中心とした実験解析作業受託サービス
  • モノクローナル抗体可変領域解析サービス
  • メタゲノム新規配列探索サービス
  • 環境DNA分析サービス