大規模な多変量データを実用的にグループ化できる新ツールを開発・公開しました

2018/10/24

研究開発

 かずさDNA研究所は大阪府立大学と共同で、遺伝子発現解析などの分子生物学研究で得られるデータの解析に効果的な、大規模な多変量データを構成する要素を効率的かつ実用的にグループ化できるツール「ConfeitoGUI」を開発・公開しました。
 このツールは、相関ネットワーク解析という手法を応用した特許技術(特許第6318334号)に基づき開発しています。

 研究成果は2018年10月24日AM 4:00(日本時間)に、科学と医学分野の科学雑誌「PLOS ONE」にてオンライン公開されました。

詳しくは、大阪府立大学のプレスリリースをご覧ください。
https://www.osakafu-u.ac.jp/press-release/pr20181024/

「ConfeitoGUI」ツールは、以下のURLで公開しています。
http://www.plant.osakafu-u.ac.jp/~kagiana/confeito/