ゲノム配列から同定した遺伝子の機能予測を最速で行うプログラムを 開発しました 〜Hayai-Annotation Plants〜

2019/5/27

研究開発

かずさDNA研究所は、植物のゲノム解析において重要な、遺伝子配列から遺伝子の働きを推定するプログラム「Hayai-Annotation Plants」を開発しました。

ゲノムを解析し他の植物種と比較するには、配列データを解析してどこにどのような遺伝子があるかを注釈づける(アノテーション)作業が必要です。
これまでアノテーション作業には大型の計算機が必要でしたが、開発したプログラムは通常のパソコンレベルのスペックで解析できます(現在はMac版OSにのみ対応)
計算は従来法に比べて非常に高速で、さらに精度の高い結果を得ることができます。

研究成果は、国際科学雑誌Bioinformaticsに5月15日付でオンライン公開されました。

論文タイトル:Hayai-Annotation Plants: an ultra-fast and comprehensive functional gene annotation system in plants.
掲載誌:Bioinformatics
DOI:10.1093/bioinformatics/btz380

プログラムのダウンロードはこちら:Hayai-Annotation Plants
ポータルサイト:Plant GARDEN
植物統合データベース:PGDB

詳しくは、プレスリリースをご覧ください。
(リンクはPDFファイル:380KB)
20190527PDF