KOMICS

The Kazusa Metabolomics Portal

 

COSMOS
画像クリックでサイトへリンク

メタボロームデータを自由に利活用できるようにするために、メタボロームデータの標準化を推進しているプロジェクト。研究プロジェクトとして運営されており、EUの第7次フレームワークプログラム(FP7)から200万ユーロの支援を受けている。統括はバイオインフォマティクス研究所(EBI)のChristoph Steinbeckだ。発足は2012年10月で、この時期、世界初のメタボロミクス公共レポジトリMetaboLightsも同時にEBIから立ち上げられた。

メタボロームデータの標準化は2005~2007年頃にMSI(The Metabolomics Standards Initiative)で盛り上がりを見せたが、最小限の記述内容が定かにならないまま、あまり一般に定着しなかった。COSMOSはこの試みを事実上引き継いだようなプロジェクトといえる。データフォーマットや実験条件に関する最小限の記載情報の標準化を行う他、これらに準拠したデータ解析・管理ツール・データベースの構築支援、装置メーカーや出版社への働きかけ、他の生命科学分野とのデータ連携などを目指している。

ただ現在のところ、その標準化されつつあるフォーマットはリリースされてはいない。

FP7は、EUの社会・経済発展を目指したリスボン戦略に基づいて策定された予算で、研究・教育・イノベーションを支援するための予算だ。3ヵ国以上の産学官が連携することになっているらしく、COSMOSにも、イギリスのインペリアルカレッジや、ドイツのマックスプランク研究所、フィンランドのベンチャーVTTなど、14の研究機関が参加している。2013年はFP7の最終年ということもあり、関連論文も急ピッチで公開されているようだ。どんな指針が打ち出されるかを含め、2013年の動向には注目したい。

 

サイトURL: www.cosmos-fp7.eu