藻類から陸上植物への進化をつなぐ車軸藻植物のゲノム配列を解読 -植物の陸上進出の謎を解明するための大きな道開く-

2014/5/29

研究開発

~2014年5 月28 日の英国科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」に論文掲載~

 (公財)かずさDNA研究所は、東京工業大学、国立遺伝学研究所、理化学研究所、東京大学などと共同で、藻類から陸上植物に至る遺伝子の進化過程を解明しました。
研究グループは、藻類と陸上植物の中間的な存在である車軸藻植物門クレブソルミディウムに着目してそのゲノム解読を行い、他の藻類や陸上植物と比較を行いました。その結果、藻類から陸上植物に至る過程でどのように遺伝子が多様化したのかを明らかにし、またクレブソルミディウムの祖先が陸上環境に適応するための原始的なストレス応答システムを獲得していたことを示しました。
研究グループの解読したゲノム情報は生命が陸上に進出し発展を遂げた過程を詳細に解明するための重要な基盤となります。また、クレブソルミディウムは藻類と陸上植物の中間的な性質を持つため、両方の架け橋として、その遺伝子情報を藻類の培養技術、物質生産技術に応用することも期待されます。
かずさDNA研究所は、クレブソルミディウムの解析にあたり、塩基配列解析(シークエンスデータの収集)を担当しました。
更に詳しくお知りになりたい方は、東京工業大学のHPをご覧下さい。
http://www.titech.ac.jp/news/2014/027778.html