タマネギ機能性成分フラボノイドの生産制御因子と関連染色体を特定‐近縁種シャロットがもつフラボノイド高含有性をネギに導入することで 新規の機能性・ストレス耐性品種育成を目指す‐

2019/3/11

研究開発

 かずさDNA研究所は、山口大学、理化学研究所、東北大学、東京農業大学との共同研究により、フラボノイド低含有性のネギと高含有性を有する近縁種シャロットの掛け合わせから得られた添加系統シリーズを用いて健康機能性や各種ストレス耐性に関与するフラボノイド生合成経路中の代謝物生産と遺伝子発現を網羅的に比較解析しました。
 
 本研究成果は、2019年3月5日付で国際科学雑誌SCIENTIFIC REPORTS電子版に掲載されました。
 本研究は、日本学術振興会科学研究費助成事業および東京農業大学生物資源ゲノム解析センターのサポートを受けて行われました。

詳しくは、プレスリリースをご覧ください。
(リンクはPDFファイル:604KB)
20190311PDF

【論文題目】
題目:Widely targeted metabolome and transcriptome landscapes of Allium fistulosum–A. cepa chromosome addition lines revealed a flavonoid hot spot on chromosome 5A

著者:Mostafa Abdelrahman, Sho Hirata, Yuji Sawada, Masami Yokota Hirai, Shusei Sato, Hideki Hirakawa, Yoko Mine, Keisuke Tanaka, Masayoshi Shigyo

雑誌:SCIENTIFIC REPORTS
DOI:10.1038/s41598-019-39856-1
URL:www.nature.com/articles/s41598-019-39856-1