臨床オミックス解析グループ

ゲノム事業推進部は、研究所の研究成果の幅広い分野での社会実装を目指していますが、中でも臨床オミックス研究グループは、私たちの健康問題と深い関わりをもつ現実的な臨床問題の解決に、最先端のゲノム科学の計測技術を活用していくことを実践しています。

本グループは臨床解析チームと遺伝子分析チームの2つから構成されています。臨床解析チームは、文字通りの臨床検体を用いたオミックス計測の技術開発とその実応用を展開します。

一方、遺伝子分析チームは、次世代シークエンサー等かずさ DNA 研究所の「お家芸」である DNA シークエンスに特化して臨床検体から様々な分野の基礎研究を支援する活動を展開します。

グループ長 小原 収
生物物理学、臨床オミックス解析

関連情報