ホーム > 産学官連携 > 連携大学院制度

連携大学院制度

連携大学院制度について

かずさDNA研究所は、いくつかの大学と連携大学院制度を締結しています。
大学との連携により研究交流の促進と教育・研究の一層の充実を図り学術・科学技術の発展に寄与するものと考えております。

制度の内容

かずさDNA研究所の研究者が大学院の客員教授・助教授に就任します。
かずさDNA研究所内では大学院生の研究指導を行います。

連携先

かずさDNA研究所で研究を行いたい大学院生の方へ

 かずさDNA研究所は下記の大学院と連携講座制度を取り、大学院生はかずさDNA研究所において、教育、研究指導を受けることができます。
ご興味がある方は、かずさDNA研究所にご連絡頂くとともに、入学などに 関する手続きの詳細について、各大学へお問い合わせ願います。

連携講座

東京大学大学院新領域創成科学研究科
情報生命科学専攻 先端ゲノム講座

研究テーマ

  1. 植物と植物関連微生物の遺伝子注釈・比較ゲノム
  2. 脊椎動物の遺伝子発現調節メカニズムの分子進化
千葉大学大学院薬学研究院・薬学部
環境生命科学研究部門 遺伝子創薬学講座

研究テーマ

  1. 哺乳動物のトランスクリプトームとプロテオームに関する研究
  2. ポストゲノム解析技術開発に関する研究
  3. 巨大蛋白質群の包括的機能解析に関する研究
  4. 病態モデル動物作製のためのゲノムテクノロジーの開発研究
千葉大学大学院融合科学研究科
ナノサイエンス専攻 ナノバイオロジーコース 生命機能化学領域

研究テーマ

  1. 微生物代謝(メタボロミクス)
東北大学大学院生命科学研究科
生態システム生命科学専攻 ゲノム生態学講座 ゲノム構造機能分野

研究テーマ

  1. 植物のゲノム情報を利用した遺伝子機能解析
  2. ゲノム科学を利用する作物育種の研究(メタボロミクス)
  3. 根粒菌のタンパク質相互作用の大規模解析
  4. ヒト遺伝子の構造および機能解析

かずさDNA研究所での大学院生の受け入れ

平成
13年度
14年度15年度16年度17年度18年度19年度20年度
東京大学大学院新領域創成科学研究科 博士課程前期2年1名1名
博士課程後期3年
千葉大学大学院薬学研究員・薬学部 博士課程前期2年2名3名1名2名3名3名
博士課程後期3年1名1名2名1名2名
東北大学大学院生命科学研究科 博士課程前期2年1名1名
博士課程後期3年1名2名2名1名1名2名2名
千葉大学大学院自然科学研究科 博士課程後期3年1名1名1名
東邦大学大学院理学研究科 博士課程前期2年1名1名
博士課程後期3年1名1名

大学院生が関わった研究の論文発表

T, Nagase, H. Yamakawa, S. Tadokoro, D. Nakajima, S. Inoue, K. Yamaguchi, Y. Itokawa, R. F. Kikuno, H. Koga, and O. Ohara. Exploration of human ORFeome: High throughput preparation of ORF clones and efficient characterization of their protein products
DNA Res In press (2008)
PMID: 18208356K. Yamaguchi, T. Nagase, A. Ando, and O. Ohara.
Smurfi directly targets hPEM-2, a GEF for Cdc42, via a novel combination of protein interaction modules in ubiquitin-proteasome pathway
Biol Chem In press (2008)
PMID: 17331584T. Hata, M. Nakayama
Rapid single-tube method for small-scale affinity purification of polyclonal antibodies using HaloTag Technology
J Biochem Biophys Methods. ,70,679-682 (2007)
PMID: 17544522T. Hata, M. Nakayama
Targeted disruption of the murine large nuclear KIAA1440/Ints1 protein causes growth arrest in early blastocyst stage embryos and eventual apoptotic cell death
Biochim Biophys Acta., 1773,1039-1051 (2007)
PMID: 17575108T. Takashina, M. Nakayama
Modifications enhance the apoptosis-inducing activity of FADD
Molecular Cancer Ther.,6,1793-1803 (2007)
PMID: 17765227T. Takashina, M. Nakayama
Revival of apoptotic cells that display early-stage dynamic membrane blebbing
FEBS Lett., 581,4479-4484 (2007)
PMID: 18055975K. Matsubara , K. Imai, S. Okada, M. Miki, N. Ishikawa, M. Tsumura, T. Kato, O. Ohara, S. Nonoyama, M. Kobayashi.
Severe developmental delay and epilepsy in a Japanese patient with severe congenital neutropenia due to HAX1 deficiency.
Haematologica.,92,e123-e125 (2007)
PMID: 16769688D. Nakajima, K. Saito, H. Yamakawa, R. F. Kikuno, M. Nakayama, R. Ohara, N. Okazaki, H. Koga, T. Nagase, and O. Ohara
Preparation of a set of expression-ready clones of mammalian long cDNAs encoding large proteins by the ORF trap cloning method
DNA Res., 12, 221-233 (2005)
PMID: 15029957Y. Suzuki and M. Nakayama
Differential Profiles of Genes Expressed in Neonatal Brain of 129X1/SvJ and C57BL/6J Mice: A Database to Aid in Analyzing DNA Microarrays using Nonisogenic Gene-targeted Mice
DNA Res., 10, 263-275 (2003)