ホーム > 産学官連携 > バイオ共同研究開発センター

バイオ共同研究開発センター

バイオ共同研究開発センターの利用について

 バイオ共同研究開発センターは、かずさアカデミアパークの新たな研究拠点となる産学官共同研究施設として千葉県が整備しました。
かずさDNA研究所の研究成果を活用して、かずさアカデミアパークにおける産学官連携の推進を図るため、大学等の研究機関や民間企業とともに実用化に向けた共同研究を行うための施設です。

施設の概要

利用申請資格以下の条件を全て満たす方となります。
  1. 大学、高等専門学校、独立行政法人、国公立試験研究機関、特殊法人、公益法人等の研究機関又はこれらに所属する 研究者及び民間の企業から構成される研究グループであること
  2. 生物系の産業技術に関する実用化研究を共同で実施できる体制を有していること
  3. 研究内容が、かずさDNA研究所における研究と密接に関連し、その研究活動に相乗効果が期待できること
施設の概要研究室(ドライ) 約45平方メートル 2室
研究ユニット(研究室・実験室) 約140平方メートル 6室
(下図参照)
利用期間原則として3年間 (ただし、国等の研究開発プロジェクトの場合は、プロジェクトの期間)
研究室使用料無料
光熱水費等光熱水費、設備・備品等に要する費用は入居者にご負担いただきます。
共益費1平方メートル当たり 294円/月 (消費税込み)
環境保全かずさアカデミアパークの環境の維持・向上を図るため、活動状況及び活動計画書類の作成にご協力いただきます。
主要メンバーセンター長   柴田 大輔
客員研究員  木野 邦器(早稲田大学理工学術院教授)
問い合わせ先公益財団法人かずさDNA研究所
企画管理部総務課
TEL: 0438(52)3900

バイオ共同研究開発センター

かずさDNA研究所バイオ共同研究開発センター 平面図
バイオ共同研究開発センター 平面図