ホーム > 研究内容 > ゲノム医学研究室

研究内容

ゲノム医学研究室

わたしたちの研究

わたしたちの研究の目的

 ヒトゲノム構造が解明されたことは、様々な人類の健康問題の解決に結びつくものと期待されています。しかし、この究極の目的を達成するには、たくさんの問題を解決していかなければなりません。わたしたちの研究の目的は、先進ゲノミクスを活用して、様々な病気、特に免疫・アレルギー疾患について、わたしたちの前に横たわる様々な問題を克服していくことです。こうした遺伝子解析の著しい進歩と成果を人々の健康問題の解決に結びつけるために、千葉県がんセンターや千葉大学等と共に、遺伝情報を癌や免疫・アレルギー疾患の克服に向けて取り組みます。わたしたちの研究室は、独自性の高い研究活動を通じて、遺伝子研究と臨床研究、さらにはさまざまなバイオ産業との橋渡しを行うことを目指します。

わたしたちの研究の特徴

 これまでにかずさDNA研究所で見出された遺伝子に関する種々のデータや技術的なノウハウを利用し、外部の大学や医療機関と密接に連携しながら、各種のヒトの疾患の診断方法や有効な治療法を開発するための研究を重ねていきます。こうした観点から、先端的・革命的な技術開発ばかりでなく、実用化に近い解析技術開発も視野に入れています。

応用が期待される分野

 遺伝子をベースにした治療法の開発や試薬のキット化が成功すると、客観的なゲノミクスデータによる、それぞれの患者さんに応じた最適な治療の実現に大きく貢献できます。そこでわたしたちは、現在取り組んでいる免疫・アレルギー以外の疾患に関しても、今後各方面の医学研究者と一層の連携を図ります。それによって、これまで見出された遺伝子が原因となる疾患の治療薬や新たな迅速な遺伝子診断方法の開発などが生み出されていくことが期待されます。

研究テーマ

  1. 遺伝的疾患原因の解析(免疫不全症等)
  2.  原発性免疫不全症は遺伝的な異常であり、免疫機能が働かず、ウイルスなどの病原体に感染しやすくなる極めて重篤な疾患です。現在200以上の遺伝子が原因となっていることが明らかにされていますが、未だに原因が解明されていないものも多数あります。そこでわたしたちは、複数の大学医学部や医科大学と連携し、免疫不全症の診断や発症の仕組み解明のための研究を開始しました。高いDNA解析能力を活かして全国から疾患原因遺伝子の検査を受け入れるのと共に、全国の臨床研究者との連携を拡大し、広く遺伝的疾患原因の探索に取り組んでいます。

  3. 免疫・アレルギー疾患の効能予測のためのバイオマーカー探索
  4.  千葉大医学部と連携して、平成21年度に採択された文科省都市エリアプロジェクトとして、免疫・アレルギー疾患の効能予測バイオマーカー探索、癌の細胞免疫治療の予後予測バイオマーカー探索を行っています。

  5. バイオマーカー探索のための技術開発
  6.  タンパク質マイクロアレイのための超微量検体分析用デバイス開発や、免疫・アレルギー疾患の診断に貢献する装置開発、試薬開発に千葉県内企業・千葉大医学部との連携を図りながら積極的に取り組んでいます。

免疫不全症解析プロジェクト

ゲノムネットワークプロジェクト

研究室メンバー

小原 收室長ohara at kazusa.or.jp
中山 学主任研究員nmanabu at kazusa.or.jp
兼松 宗太郎プロジェクト研究員kanematsu at kazusa.or.jp
藤木 亮次特別研究員fujiki at kazusa.or.jp

都市エリア事業推進チーム

森 尋昭コーディネーターhmori at kazusa.or.jp
山崎 雅司コーディネーターmyamaza at kazusa.or.jp
野中 謙プロジェクト研究員knonaka at kazusa.or.jp

発表論文リスト