テーマ 7全ての細胞は細胞から生まれます

Get Adobe Flash player

ショウジョウバエの染色体数を見てみましょう。

やぁ! みんなが知っているショウジョウバエは、多くの遺伝学研究者に好んで使われる生物です。ショウジョウバエの染色体数を見てみましょう。 もしショウジョウバエの表皮の細胞が8本の染色体を持っていたら、翅の細胞は染色体を何本持っているでしょう? [T.H. モーガンの1915年のショウジョウバエの染色体図] 8 正解です。 4 いいえ、もう一度考えて。 16 いいえ、それは多すぎます。 0、胴体の細胞だけが染色体を持っています。 いいえ、細胞は、体のどこにあるかに関わらず染色体を持っています。 生殖細胞(卵と精子)を除いて、体の全ての細胞は同じ数の染色体を持つでしょう。もしショウジョウバエの表皮の細胞が8本の染色体を持っているのならば、翅の細胞もまた8本の染色体を持ちます。これらの体の細胞(体細胞)は、有糸分裂を行います。 ショウジョウバエの体細胞は8本の染色体を持っています。有糸分裂中期には、染色分体は何本ありますか? 4 いいえ、染色分体は4本より多くあります。 8 いいえ、8は染色体の数です。 16 正解です。 32 いいえ、ショウジョウバエの細胞には32本の染色分体を持ちません。 染色体それぞれに対して2本の染色分体があります。ショウジョウバエは、中期の間16本の染色分体を持ちます。 体細胞分裂の終わりでは、それぞれの娘細胞には何本の染色体がありますか? 各娘細胞には32本の染色体があります。 いいえ、ショウジョウバエの細胞は32本の染色体を持ちません。 一方の細胞は16本の染色体を持ち、もう一方の細胞は染色体が無くなります。 いいえ、両方の娘細胞には同じ数の染色体を持ちます。 各娘細胞は16本の染色体を持ちます。 いいえ、細胞は分裂しました。それぞれの娘細胞は16本の染色体を持つことになりません。 各娘細胞は8本の染色体を持ちます。 正解です。 有糸分裂が終わるまでに、2つの娘細胞ができます。それぞれの娘細胞は、親と同じ量の遺伝物質である8本の染色体を持ちます。