テーマ 34遺伝子は種間を移動します

スタン・コーエン ハーブ・ボイヤー ダグ・ハナハン スタン・コーエンハーブ・ボイヤーは、組換えDNA技術を発明しました。ダグ・ハナハンは、DNAを微生物に取り込むための組換え手法を改良しました。

ハーバート・W・ボイヤー(1936-)


ハーブ・ボイヤー

 ハーブ・ボイヤーは、ペンシルバニア州デリーで生まました。彼は、学校代表フットボールチームのラインマンであり、医者になろうとしていました。高校卒業後、ボイヤーはセント・ビンセント大学に進み、“医学予科“カリキュラムを始めました。

 ボイヤーにとって医学博士になることが、結局、彼が望むことではないことに気づくのに、長くはかかりませんでした。1958年に生物学と生化学において学士号を取得し卒業するまでに、ボイヤーは、研究のキャリアを積むことを決心しました。彼は、ペンシルバニア大学を卒業し、その後、イェール大学で博士研究員として勤務しました。

 1966年、ボイヤーは、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の助手になりました。彼は、大腸菌、特に大腸菌から単離された制限酵素に興味を持つようになりました。1970年代初頭のハワイでの学会で、ボイヤーは、プラスミド、すなわち、もうひとつの染色体について研究している、スタンリー・コーエンと出会いました。二人は、最初の組換えDNAを作るようになる共同研究を始めました。

 1975年、ボイヤーは、ベンチャー出資会社に勤務するロバート・スワンソンと出会いました。スワンソンは、バイオ産業の発展と、バージョニング・バイオテック社を信じて、1976年にジェネンテック社が生まれました。ジェネンテックは会社を増やし、後に組換えDNA技術を使ったヒトインシュリンの合成手法を開発しました。 ジェネンテックは、世界でも最も大きなバイオテクノロジーの企業のひとつとなりました。

 企業の設立とバイオテクノロジー工場の創設に加えて、コーエンを従えたボイヤーは、組換えDNA技術で特許を取得しました。これは、生物学における最初の特許のうちのひとつであり、特許の請求者であるスタンフォード大学に多大な収入を生みました。

 ボイヤーは現在、カリフォルニア大学サンフランシスコ校の名誉教授であり、1976年から1983年まで、ハワード・ヒューズ医療研究所の研究員でした。彼とコーエンは、彼らの発見で数々の賞を受賞しています。1996年、発明とイノベーションのためのレメルソンMIT賞、1993年、スイスのヘルムート·ホルテン研究賞、1980年、アルバート·ラスカー基礎医学研究賞などです。ボイヤーは、カリフォルニア発明家殿堂、アメリカ芸術科学アカデミー、米国科学アカデミーのメンバーです。彼は、熱心な釣り人であり、大自然を楽しみます。ボイヤーは、パイロットであり、また、クラシックカーファンです。

factoid Did you know ?

科学者は組換えDNA技術に誤った使い方があることを認識しており、そのことを議論するため1974年に、[カリフォルニア州]アシロマにおいて会議を招集しました。今日の組換えDNA研究のためのガイドラインの多くは、この初期の会議から生まれています。

Hmmm...

どの様にしたら、組換えDNA技術の誤った使い方になるのでしょうか?