テーマ 32動き回るDNAがあります

バーバラ・マクリントックバーバラ・マクリントックは、植物遺伝学のパイオニア的な仕事をしました。彼女は、1983年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

バーバラ・マクリントック(1902-1992)

 バーバラ・マクリントックは、コネチカット州ハートフォードで生まれました。彼女の父は軍医で、母は、ピアノの先生でした。マクリントックは、活発な子供で、バレーボール、アイススケート、水泳のような多くのスポーツを楽しみました。彼女は、情報への情熱を持っていて、女性のキャリアが、成功した結婚であった時代に、マクリントックは、大学に行くことを決めました。1918年に、コーネル大学の農業大学に入学しました。

 大学の社会的で知的な背景の下、マクリントックは、人気のある女子学生に成長しました。学部の単位を終える頃には、細胞学の新たな分野で大学院に在籍していることに気がつきました。雇われアシスタントとしての大学院での研究2年目には、雇用主の用いていた方法を改良して、トウモロコシの染色体を特定することができました。それは、彼が長年に渡って取り組んできた仕事で、彼女は、うまくボスの先を越しました。

 1927年に学位を得た時には、マクリントックは、次のステップは、THモーガンのグループが行ったように、連鎖群をトウモロコシの染色体にマッピングすることだと知っていました。この研究を行うために、マクリントックは、講師としてコーネル大学にとどまりました。彼女は、生涯の友人、そして同僚になった同期生の大学院生マーカス・ロウズとジョージ・ビードルに会いました。マクリントックは、ビードルがアカパンカビの染色体を整理するのを手伝いました。ビードルは、エドワード・テータムと共に、この仕事を元にして、アカパンカビを用いて、“一遺伝子一酵素”理論を発展させました。

 1929年にマクリントックは、コーネル大学で新しい大学院生のハリエット・クレイトンと出会いました。彼らは友人となり、トウモロコシの染色体で起こる、染色体のクロスオーバーを示すために一緒に研究しました。

 1931年に、米国学術研究会議の奨学金のサポートにより、マクリントックは、ミズーリ大学とコーネル大学の両方で時間を過ごし始めました。彼女は、トウモロコシで、転座、逆位、欠失、そして環状染色体の発見につながる、トウモロコシ染色体へのX線の影響について調べ始めました。

 ドイツでの重苦しくて期待外れの滞在の後、1933年、マクリントックはコーネルに戻り、ロックフェラー財団からいつくかの支援を受けて、ほぼ3年間、滞在しました。1936年に、ようやく彼女は、ミズーリ大学の教員の職を提供されました。マクリントックの独立した“一匹狼”のやり方が、“女性”科学者についての大学の考えに合っていないと、彼女が理解するまでの5年間、マクリントックは、大学の助教授でした。決して昇進しないと分かり、マクリントックは、1941年に去りました。

 コロンビア大学のマーカス・ローデスと、コールド・スプリング・ハーバー研究所のショウジョウバエ研究者、ミリスラヴ・デメレックは、彼女を夏休みにコールド・スプリング・ハーバー研究所に招待しました。ローデスはそこでトウモロコシを育てており、デメレックは、科学者としてのマクリントックを知っていて、尊敬していました。マクリントックは、夏から晩秋にかけてそこに滞在しました。デメレックは、コールド・スプリング・ハーバーでワシントン・カーネギー協会「現・カーネギー研究所]の遺伝学部の部長になった時に、マクリントックに職を提供しました。最初は決断できせんでしたが、マクリントックは最終的に1942年、その職を受け入れました。マクリントックが、トウモロコシ染色体の転移の過程を明らかにしたのは、コールド・スプリング・バーバーでした。これらの研究により、マクリントックは、1983年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。

 多くの人々が、マクリントックの天性を認識していますが、彼女自身は、時々、自分の考えを表すことが難しかったと認めています。転移の分子機構が1970年代に示されるまで、トウモロコシの染色体での転移の研究はかなり有名でしたが、ほとんど理解されていませんでした、マクリントックは、彼女にとっては明確で合理的な考えを、他の人々が理解できず、受け入れられないことにイライラしていました。

 マクリントックは1992年に亡くなるまで、コールド・スプリング・ハーバーの研究調査員でした。彼女は、テニスをすることを楽しみました。秋には、コールド・スプリング・ハーバーの敷地内で、同僚の中のお気に入りの何人かにあげるための焼き菓子を作るために、クロクルミを集める姿がしばしば見かけられました。遺伝学者としての彼女の輝きに加えて、多くの人々は、彼女の速い機知と彼女の楽しみのセンスを覚えています。彼女は仕事に専念し、熱心で、トウモロコシ畑や研究所にいるときが、最も幸せでした。

factoid Did you know ?

彼女の母親の家族を通じて、バーバラ・マクリントックは、メイフラワー号に彼女の血筋を辿ることができました。

Hmmm...

なぜ、マクリントックの“ジャンピング遺伝子”の考えが受け入れられるようになるまでに、時間がかかったのでしょうか?