テーマ 28ある種の変異は自然に修復されます

クロード・ルパート リチャード・セットロー クロード・ルパートは、光活性化DNA修復系に関する、独創性に富んだ研究を行いました。リチャード・セットローは、チミン二量体修復における、いくつもの初期の仕事を行いました。

クロード・S・ ルパート(1919-)


クロード・ルパート

 クロード S.(スタン)ルパートは、1919年にカリフォルニアに生まれ、セントラル・バレーの小さな農業都市で育ちました。彼の父は、地方銀行を経営し、彼の母は主婦でした。

 ルパートの母の子育ての技には、彼がふさぎこんでいるときに、家の外に追い出すというのもあります。ある日、母は彼に図書館に行って、天文学の本を借りてくるよう頼みました。ルパートは、その本が“何だか面白そうな”もので、1930年4月28日の日食と関係があるものとして、覚えています。ルパートは、天文学者や宇宙旅行者になることを決めました。火星や木星への想像上の旅行に向けて、ルパートは、賢明にも食料供給について考え、その旅行で生き延びるために何ポンドの豆が必要かを計算しました。

 高校では、お気に入りの科学の先生が、ルパートに特別な課題を与え、回折格子や分光を始めるきっかけとなりました。彼は、カリフォルニア工科大学でも物理を学び続けました。学校新聞の編集に気を取られて、物理の単位を落としたため、1年留年しました。

 物理の単位を取り直し、予定より少し遅れて卒業した後、ルパートは、残りの人生をいかに過ごすか決めるまで、ロッキード社で働きました。飛行機の設計はそうではありませんでしたが、彼は、工学は、「あまりにも組織立っている。創造性の余地はあるが、私の創造性の入り込む余地はない。」と思いました。

 第二次世界大戦が始まり、ルパートは、自身の創造力をしばらくの間抑えていなければなりませんでした。彼は海軍に入り、船に設置されたレーダーの周辺機器や新しいラジオの評価[見極め]を手伝いました。1946年の夏、ルパートは、海軍を離れ、復員軍事援護法の資金により、ジョンズ・ホプキンス大学大学院で物理学を始めました。(ルパートは、カリフォルニア工科大学に戻りたかったのですが、物理の単位を落としたことでだめでした。)

 ルパートは彼の博士号の研究として、ジョン・ストロングと一緒に赤外線分光学について研究しました。花への赤外線光の影響に関するプロジェクトを手伝ってもらうために、生物学部の人たちが彼に近寄ってきたことで、彼は、生物学に夢中になっていました。後に、ロジャー・ヘリオットとソル・グッドギャルは、グッドギャルが、光に活性化された酵素がDNAの損傷を修復することを証明するアイデアを思いついた、彼らの形質転換の研究室に彼を誘いました。

 ルパートは、最初の実験の成功はまぐれだ、と考えました。「全てがうまくいった。私は、コンピテント細胞を得るときに失敗して、10倍も多くの形質転換体を得たので、標準的な作業手順ができました。」

 ルパートは、ジョンズ・ホプキンス大学の後に移ったテキサス大学ダラス校での職務の大部分で、光活性化DNA修復の仕事を続けました。彼の大学院生のアジズ・サンカーは、1980年代に修復酵素をうまく精製し、特徴づけました。

 ルパートは、1989年には研究を引退し、完全に引退する前には、一時的に教務部の副部長になりました。彼と妻は、余暇に映画や交響曲を楽しみ、地方の病院で長期療養の幼児をケアするためのボランティア活動をしています。

factoid Did you know ?

DNA修復酵素はまとめて、“Science”誌の1994年の“年間最優秀分子”として表彰されました。

Hmmm...

DNA修復機構は、過度な日焼けによる損傷にはついていけません。日焼け止め薬は、がんの原因となるUV-A線からあなたを保護しますか?