テーマ 26RNAは最初の遺伝分子でした

Get Adobe Flash player

どのようにRNAが自己スプライシングするのか探りましょう。

やあ! テトラヒメナはRNAを自己スプライシングします。これは非常に特別な一連の反応です。 あなたも同じようにRNAの自己スプライシングを見つけます。それもまた、スプライシングの前にイントロンの5’末端とエクソンの3’末端が環を作ります。 エクソンの3’末端の6つの塩基配列が分かりました。5’側から3’に向かって、1の場所から始まるイントロンの塩基配列はどれでしょうか? いいえ、これはDNAの配列です。 いいえ、正しい配列ですが、逆向きです。 いいえ、これはDNAの配列です。 正解です。 GはCと水素結合し、AはUと水素結合できます。5’から3’の向きの相補配列はUUUCGGです。 この塩基対形成が、自己スプライシング反応のために重要だと考えます。この理論を証明するために、イントロンに2つのウラシルを挿入したところ、自己スプライシング能が劇的に減少したことに気がつきます。 2つのウラシルを削る以外に、このRNAの自己スプライシング反応を回復する方法はあるでしょうか? 一度崩壊すると、自己スプライシング能を回復することができません。 いいえ、自己スプライシング能を回復することができます。 塩基対形成が行なえるように相補的なヌクレオチドを追加します。 正解です。 このRNAの濃度を濃くします。 いいえ、RNAの濃度を上げても自己スプライシングの効率は良くなりません。 異なる種類のRNAを加える。 いいえ、違う種類のRNAを加えてもRNAの自己スプライシング反応の助けにはなりません。 変異させたRNAの自己スプライシング反応を復活させるために、塩基対形成を復元させるための相補的なヌクレオチドを追加することができます。 どの塩基を追加しますか? いいえ、これらのヌクレオチドを追加しても塩基対形成は復元されません。 いいえ、これらのヌクレオチドを追加しても塩基対形成は復元されません。 正解です。 いいえ、これらのヌクレオチドを追加しても塩基対形成は復元されません。 いいえ、これらのヌクレオチドを追加しても塩基対形成は復元されません。 AAのヌクレオチドを追加します。 どの位置に挿入すればいいですか? ポジション#1 いいえ、ここに挿入しても塩基対形成は復元されません。 ポジション#2 いいえ、ここに挿入しても塩基対形成は復元されません。 ポジション#3 正解です。 ポジション#4 いいえ、ここに挿入しても塩基対形成は復元されません。 この位置に2つのAを挿入すると、塩基対が形成されて、自己スプライシング反応の効率が戻ります。