テーマ 15細胞核にある重要な分子はDNAとタンパク質です

Get Adobe Flash player

テトラヌクレオチドの組み合わせを探ってみましょう。

やぁ! フィーバス・レヴィーンの4ヌクレオチドのブロックは決まったヌクレオチドの配列を持っていて、それぞれのヌクレオチドが1回だけ現れていました。 もしヌクレオチドの並びの順番を変えたらどうなるか見てみましょう。 [別の組み合わせを見るにはここをクリック] それぞれのヌクレオチドは1回だけ使われますが、その並びはランダムでもかまわないとしたらどうなるでしょう?ブロックの種類はどれだけになるでしょうか? 1 いいえ、これはレヴィーンの4ヌクレオチド仮説です。 4 いいえ、4つ以上の配列の組み合わせがあります。 24 正解です。 256 いいえ、256になるのは、ヌクレオチドが1回以上使われるときです。 それぞれのヌクレオチドが1回だけ使われる4ヌクレオチドのブロックでは、その順番がランダムな場合、24種類の異なる組み合わせができます。 4 X 3 X 2 X 1 = 24 これらの24種類の4ヌクレオチドのブロックをDNA アルファベットの“文字”だとすると、異なる種類の4文字の〝単語“は、いくつできますか? 1 いいえ、1個以上の組み合わせがあります。 4 いいえ、4個以上の異なった“単語”があります。 24 いいえ、それは異なる“文字”の数です。 30万以上 正解です。 24種類の異なる“文字”を使うと、331,776種類の異なる組み合わせの4文字の“単語”ができます。 x = 331,776 さて、4ヌクレオチドのブロックに戻りましょう。 ヌクレオチドは1回以上現れることができて、その並びはランダムだとしたら、どれだけ多くの異なる組み合わせができるでしょうか? 1 いいえ、これはレヴィーンの4ヌクレオチド仮説です。 4 いいえ、4つ以上の配列の組み合わせがあります。 24 いいえ、24というのは、それぞれのヌクレオチドが1回だけ現れる場合の数です。 256 正解です。 ヌクレオチドが1回以上現れることができて、その並びがランダムである4ヌクレオチドのブロックでは、256種類の組み合わせができます。 256はDNAが作ることのできる文字の種類として大きな数字です。ですから、もしフィーバス・レヴィーンが彼の4ヌクレオチド仮説でヌクレオチドの順番をランダムにすることを考えていたら、DNAは、彼が思っていたほどばかではないと気がついたことでしょう。