テーマ 12進化は遺伝子変異から始まります

Get Adobe Flash player

ジョージ・シャルは、遺伝子の変化を研究するためにトウモロコシを用いました。

こんにちは。私はジョージ・シャルです。私はダーウィンの理論、特に、種で変異がどのように生まれ、蓄積していくかについての説明にとても興味を持ちました。1905年、私はどのように変異が遺伝するのかをトウモロコシの雑種を使って実験を始めました。 屋外では、トウモロコシは風で花粉が運ばれて交配します。トウモロコシは大きさ、成長力、収量の違いが非常に大きいのです。 私はトウモロコシを自家受粉させることから始めました。 [自家受精] 7世代にわたり、自家受精させた結果、何が起こったのかを見てみましょう。 自家受粉の繰り返しにより、メンデルの純系のエンドウと同じように、純系のトウモロコシができることが分かりました。この方法で、それぞれが異なる形質を持つ、いくつかの純系を作りました。これらの純系は全て、屋外で自由に受粉したトウモロコシに比べて、成長が遅く収量も少なくなりました。 2つの純系を掛け合わせたとき、雑種の子では、収量が増えているのに気がつきました。子は親のどちらよりも、また屋外で自由に受粉したものよりも良く成長しました。 収量を量るのに、私はトウモロコシのそれぞれの穂の穀粒の列の数を数えました。同系交配された両親に比べて、雑種の子は2倍の収量がありました。屋外で自由に受粉しているトウモロコシと比べても、10~20%高い収量がありました。 私はすぐに“雑種強勢”はトウモロコシの生産性を上げるのに重要な要因だと気がつきました。 私の実験は、種の多様性を研究する方法として始まりましたが、遺伝形質のメンデル式遺伝の検証となりました。現在、栽培されているトウモロコシのほとんどは、私の実験で計画して交配された雑種に由来します。

factoid Did you know ?

アレキサンダー・グラハム・ベル博士は、電話を発明した人ですが、遺伝にも興味を持っていました。彼は、研究に使うようにと、所有していた3頭の3つの乳首をもった羊を実験進化研究所に寄付しました。

Hmmm...

チャールズ・ダーウィンの進化論は、遺伝について新しい問題を引き起こしました。なぜでしょう?